【SAP】Tr-cd SE38から時間プロファイルの表示間隔を変更する方法【basis】

今回は、ST03から時間プロファイルの表示間隔を変更する方法について説明します。

時間プロファイルとは

クロック, ギア, 矢印, 手, プレゼンテーション, 24時間体制で, 仕事

1 日におけるトランザクションステップの時間配分が表示されるのが時間プロファイルです。

時間プロファイルによって、ワークロードの高い時間と低い時間を簡単に識別することができます。

デフォルトでは、表示時間帯は以下のようになっています。

0~6時:6時間単位
6~21時:1時間単位
21~24時:3時間単位

【参考】
https://help.sap.com/doc/saphelp_nw70/7.0.12/ja-JP/80/b7e93ae18dbe26e10000000a114084/content.htm?no_cache=true

ST03から時間プロファイルを確認する

監査, レポート, 検証, 拡大鏡, 監査人, 金融, コンセプト, ビジネス

ST03を叩く。
ワークロード > 各サーバor合計 > 任意の日付をクリック。

その後、時間プロファイルをクリック。

すると、下記のような画面が表示される。
*時間プロファイル変更後のため1時間間隔で表示されている

SE38から時間プロファイルの表示間隔を変更する

ビジネス, 成長, 高速, 実業家, 成功, キャリア, 戦略, 次, 視点

SE38を叩く。

プログラム「SWNC_CONFIG_TIMEPROFILE」を入力して実行。

「全時間を個別計算」を選択して実行すると、時間プロファイルが1時間単位で表示されるようになる。

*デフォルトの時間プロファイルを再掲

0~6時:6時間単位
6~21時:1時間単位
21~24時:3時間単位

実行後の画面。

以上。

【参考SAP Note】
https://launchpad.support.sap.com/#/notes/910897

\\SAP BASISを勉強するなら//

SAP basisについて体系的にまとめられたベストセラー本。

500ページ超えとボリューム満点の本書は、basisを担当するのであれば抑えておきたいポイントが網羅されており、勉強にはもちろん何かあった時の辞書としても活用することが可能です。

言語は英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもおすすめです。(電子書籍であれば翻訳ツールを使いながら読めます)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です