【JP1】ジョブの定義情報をインポート/エクスポートする方法について解説【Definition Assistant】

今回は、JP1のDefinition Assistantのインポート/エクスポート機能の使い方について説明したいと思います。

JP1のDefinition Assistantとは?

先生, 漫画, ボード, 黒板, クラス, 人, 教育, チョーク, レッスン

Definition Assistantとは,Excelのテンプレートで編集したJP1ジョブの定義情報を,マネージャーホストに登録することができる機能のことです。

マネージャーホストに登録させている定義情報をExcel形式で取得することをインポート、逆にExcel形式のジョブ定義情報をマネージャーホストに登録することをエクスポートといいます。

下記がインポートとエクスポートのイメージです。

【引用元】
http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3020/30203K3740/AJSE0006.HTM

例えば、インポート機能で取得したExcel形式の定義情報の一部を書き換えエクスポートすることで、「開発機⇒検証機へジョブを移送する」といったことも可能です。

ジョブ定義情報をインポートする方法

船, 貨物, ポート, 運賃, 貿易, 倉庫, コンテナ, 出荷, 物流, 業界

Windowsのメニューから「定義情報のインポート」をクリック。

すると、Excel形式の定義情報テンプレートファイルが起動する。

IMPORTをクリック。

以下のポップアップが出力されるので各項目を入力。

<ユーザ名>
JP1ユーザ名
<パスワード>
JP1ユーザのパスワード
<ホスト名>
対象のマネージャーホスト名
<サービス名>
対象のスケジューラーサービス名(基本的にはこれが開発機、検証機、本番機毎に分かれている)
<文字コード種別>
デフォルト(AUTO)
<ユニット名>
対象ジョブネットが存在するユニット完全名

項目を入力してOKをクリックすると定義情報がインポートされる。

【参考記事】
http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3020/30203S1730/AJSE0052.HTM

ジョブ定義情報をエクスポートする方法

長貨物のトラック, 車両, 車, 貨物, トランスポート, 交通, トラック

エクスポートには以下の区分があります。

  • 一括
  • 単独
  • 変更
  • 削除

*今回は「一括」のエクスポートを例にとって説明していきます

Excel形式の定義情報テンプレートファイルに区分という列があり、区分が選択できるようになっている。今回はすべての行にて「一括」を選択。

Excel形式の定義情報テンプレートファイルからEXPORTをクリック。

以下のポップアップが出力されるので各項目を入力。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-25.png
<ユーザ名>
JP1ユーザ名
<パスワード>
JP1ユーザのパスワード
<ホスト名>
対象のマネージャーホスト名
<サービス名>
対象のスケジューラーサービス名(基本的にはこれが開発機、検証機、本番機毎に分かれている)
<文字コード種別>
デフォルト(AUTO)
<ユニット名>
既存の上位ユニットの完全名
①ルートジョブグループの直下に定義情報をエクスポートする場合
 →「/」
②/GROUPの直下に定義情報をエクスポートする場合
→「/GROUP」

項目を入力してOKをクリックすると定義情報がエクスポートされる。

【参考記事】
http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3020/30203S1730/AJSE0055.HTMhttp://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3020/30203S1730/AJSE0055.HTM

\\JP1ジョブについて勉強するなら//

JP1のジョブについて学びたい方は、伊藤忠テクノソリューションズが出している上記の書籍がおすすめです。

本書は、ジョブ管理の基本的な知識を図をふんだんに用いて分かりやすく解説しており、初心者が全体感を理解するには十分な内容となっています。

JP1の運用担当者や現場担当者など、システム運用に携わる方であれば絶対に目を通しておきたい一冊です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です