【SAP】GUIから親/子機能を有効化して親/子ジョブの終了監視ができるようにする方法

今回は、SAP GUIから親/子機能を有効化する方法について説明します。

親/子機能を有効化することで親/子ジョブの終了監視が可能となるので、注意したい設定項目の1つです。

親/子機能を有効化すると何ができる?

人, 子, 子供, 家族, 親, 単一の親, 父, お父さん, 漫画, 小児期

結論から言うと、親/子機能を有効化すると「ジョブの実行中に生成される子ジョブを含めて終了を監視する(親/子ジョブの終了監視)」ことができます。

ただ、親/子機能の有効化の前にもう1つすべきことがあります。それが、XBP2.0インターフェースのインストールです。

XBP2.0インターフェースでは以下3つの機能を使うことが可能です。ただ、親/子ジョブの終了監視をするためにはさらに親/子機能を有効化する必要があるという訳です。

  • ジョブの実行中に生成される子ジョブを含めて終了を監視する(親/子ジョブの終了監視)
  • ジョブの優先度としてジョブクラス「A」または「B」を指定する
  • 拡張された以下の印刷パラメーターを制御する

【参考】
http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3020/30203K5120/EAP0035.HTM

Tr-cd:SE38から親/子機能を有効化する方法

ここからは、具体的に親/子機能を有効化する方法について説明していきます。

SE38を叩く。

プログラムに INITXBP2 を入力し実行。

親子機能の項目が「スイッチオフ」となっている場合は「スイッチオン」すなわち親子機能を有効にするにチェックを付けて実行。

スイッチオンに変更し実行。

実行後、下記のような画面が表示されたら完了。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です