【SAP】Support Portalからリモート用のサービス接続回線をオープンする方法【basis】

今回は、SAP Support Portalからリモート回線をオープンする方法について説明します。SAP社のサポートを受ける際には、必ずと言っていいほど実施する作業ですので、この機会に覚えておきましょう。

SAPのリモートサポートとは

サポート, ヘルプ, ホットライン, ヘッドセット, コー​​ルセンター

SAPリモートサポートとは、ざっくりいうと問題の診断・特定を行うためにSAP社のコンサルタントが自社のシステムにログインして作業を行ってくれるサービスのことです。

しかし、SAP社のコンサルタントは基本的に自社のシステムにログインすることができません。

そこで、やらなければならないことがリモート回線のオープンです。これを行うことで、SAP社のコンサルタントが自社のシステムにログインできるようになり、リモートでサポートを実施することが可能となります。

では、続いてリモート回線をオープンする方法について説明していきます。

【参考】
https://support.sap.com/ja/tools/connectivity-tools/remote-support.html

SAP Support Portalからリモート用回線をオープンする方法

コンピュータ, コンピューターのモニター, 男性, 人, コンピュータを使用して

SAP Support Portalにアクセスし、ログオン。

https://support.sap.com/ja/index.html

Access My Launchpad > System Dataをクリック。

対象のシステムを検索し選択。Maintain Service Connectionをクリック。

以下の画面が表示されるので、赤枠の部分をクリック。
*今回はSAP GUIベースでSAPにリモートアクセスするR/3 Supportが対象

有効期日を設定しOpen Connectionをクリック。

R/3 Supportのリモート回線がオープンした。


また、SAP側にログインするための情報を伝えてあげると親切です。以下で説明していきます。

赤枠のMaintain Access Dataをクリック。

Credentials 項目のAddをクリック。

各項目を入力したらCreate。

以上。

【まとめ】SAP Support Portalからリモート用回線をオープンする方法

ネットワーク, 通信, 技術, インターネット, ビジネス, 社会, メディア

SAPのサポートを受ける際には、リモート回線をオープンする作業がしばしば求められます。今後SAP社と関わりながら仕事をする方は覚えておいて損はないかと思います。

詳細については、SAP Support Portalのページも記載があるので、時間がある時に見てみるといいでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です