【SAP】GUIからWP(ワークプロセス)が枯渇していないか確認する方法【basis】

今回は、ワークプロセスが枯渇していないか確認する方法について説明します。

ワークプロセスはパフォーマンスが悪い時にチェックする項目の1つで、ワークプロセスが枯渇している場合は増やす必要があります。

特に、basis担当者であれば必ず覚えておきたいところですね。

準備①:/n/sdf/smonから有効ワークプロセス数を取得する

アフリカ系アメリカ人, アフリカ, 分離, ジム, 運動, フィットネス, 男
有効ワークプロセス数とは、現在使われているワークプロセス数のことです。

/n/sdf/smonを叩く。
仕掛けた監視をクリックしてデータを表示。赤枠の部分が有効WP数。

Excelファイルとして保存しておく。

準備②:sm50からワークプロセス数の合計を確認する

アフリカ系アメリカ人, アフリカ, 分離, ジム, 運動, フィットネス, 女性
ワークプロセスの合計数とは、同時に使用することができるワークプロセスの合計数のことです。

sm50を叩く。
赤枠の部分に現在のワークプロセスの合計数が表示される。また、ワークプロセスの内訳も同様に確認することが可能。

有効ワークプロセス数の推移をグラフ化する

グラフ, 努力, 成功, ビジネス, 男, プル, 売上高, ロープ, 利益

取得したデータを基にグラフを作成します。

有効WP数とWP合計数を比較したグラフが以下です↓

オレンジ線のWP合計数に青線の有効WP数が達していなければ問題ありません。

一方、青線がオレンジの線の近くで継続的に推移している場合は、ワークプロセス数を増やすことを検討する必要があります。

上記のグラフは、誰かにワークプロセスの使用状況を説明する際に、視覚的に理解してもらいやすいという点でおすすめです。

以上。

\\SAP BASISを勉強するなら//

SAP basisについて体系的にまとめられたベストセラー本。

500ページ超えとボリューム満点の本書は、basisを担当するのであれば抑えておきたいポイントが網羅されており、勉強にはもちろん何かあった時の辞書としても活用することが可能です。

言語は英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもおすすめです。(電子書籍であれば翻訳ツールを使いながら読めます)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です