【SAP】Tr-cd:SE37から順序を指定して汎用モジュールをテスト実行する方法【Tips】

今回は、汎用モジュールを順序指定して実行する方法について説明します。

単体テストや機能テスト等で活用できる場面があるかもしれないので、この機会に覚えておくといいと思います。

Tr-cd:SE37から汎用モジュールを実行

雲, テクノロジー, サービス, データベース, 安全, 通信網, 共有

SE37を叩くと汎用モジュールビルダの画面に遷移する。

汎用モジュールを単体でテスト実行する場合

任意の汎用モジュールを入力し、テスト実行ボタンを押下する。

複数の汎用モジュールを順序実行する場合

汎用モジュール > テスト > テスト順序を選択。

テスト実行したい汎用モジュールを順番に追加し、実行ボタンを押下。

すると、テスト実行の画面に遷移する。

以上となります。

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です