【SAP】Tr-cd:SE03からアドオンPGMのパッケージを変更する方法【Tips】

今回は、Tr-cd:SE03からアドオンPGMのパッケージを変更する方法を説明します。

【参考までに】
これはわたしが経験したケースですが、空パッケージ「$TMP」に紐付いたアドオンプログラムを改修した際、空パッケージに紐付くプログラムは移送が取られないため、開発機⇒検証機に移送ができないといった課題が発生しました。

この課題は、SE03からアドオンプログラムに紐付くパッケージを変更し、移送が取得されたことで解消しました。

Tr-cd:SE03からパッケージを変更する

レジ, 段ボール, 段ボール箱, パッキング, リサイクル可能, 製品, 開いた

Tr-cd:SE03を叩く。

オブジェクトディレクトリ > オブジェクトディレクトリエントリ変更を押下。

任意のプログラムを入力して実行。

変更したいオブジェクトに紐付くパッケージを選択して(背景が黄色になったものが選択対象)オブジェクトディレクトリを押下。

パッケージが「$TMP」となっているので、変更したいパッケージに変更したら保存を押下。

すると、移送依頼が取得される。

以上となります。

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です