【SAP】SM36(SM37)から定期的なジョブをスケージュール/削除する方法を解説【basis】

今回は、SAPの定期的なジョブをスケジュールする方法、定期的なジョブを削除する方法について説明します。

SM36から定期的なジョブをスケジュールする方法

カレンダー, 日付, 月, 日, 数, スケジュール, アラーム, 主催者, オフィス, 時間, 予定

まずは、定期的なジョブのスケジュール方法から説明していきます。

sm36を叩く。
任意のジョブ名を入力し「ステップ」をクリック。

以下を入力して保存。
*今回はABAPプログラムを対象とする

ユーザ名:実行ユーザ
名称:プログラム
Variant:バリアント
言語:任意の言語

次に「開始時刻」をクリックし、遷移した画面から「日付/時刻」をクリック。

開始予定と最終実行日を入力。
「定期ジョブ」にチェックを入れたら「周期値」をクリック。

定期的ジョブの実行間隔を指定して保存。

以下画面で再度保存。

最後に以下の画面から保存するとジョブがリリースされる。

SM37からジョブのリリースを確認

チェックしています, 緑, 右, 円, 修正, 目盛り, チェックリスト

sm37を叩く。以下を入力して実行。

ジョブ名:スケジュールしたジョブの名前
ユーザ名:ジョブを登録したユーザの名前
ジョブステータス:リリース済
ジョブ開始条件:任意で入力

リリース済のジョブが確認可能。

SM37から定期的なジョブを削除する方法

ゴミ箱, Litterbasket, くず, ガベージ, 廃棄物, ごみ, リサイクル, 環境, 処分, 空

定期的なジョブを削除するためには、ステータスが「計画済」「リリース済」のジョブを削除する必要があります。

上記ジョブを削除すると、以降は定期的にジョブが実行されなくなります。(大元のジョブが消えるため)

削除したいジョブを選択し、右クリック。

削除をクリックすることで、対象のジョブが削除される。

以上。

\\SAP BASISを勉強するなら//

SAP basisについて体系的にまとめられたベストセラー本。

500ページ超えとボリューム満点の本書は、basisを担当するのであれば抑えておきたいポイントが網羅されており、勉強にはもちろん何かあった時の辞書としても活用することが可能です。

言語は英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもおすすめです。(電子書籍であれば翻訳ツールを使いながら読めます)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です