【SAP】GUIからクライアントをオープンする方法【basis】

今回は、GUIからクライアントをオープンする方法について説明します。

クライアントをオープンする、とは端的に言うとクライアントに変更を加えることを許可することです。

基本的には、クライアントに変更は加えることができないように設定していますが、アプリチームがプログラム等に変更を加えたい場合は、basisチームにクライアントオープンの依頼がきます。なので、basisi担当者であれば覚えておきたい作業です。

Tr-cd:SCC4からクライアントをオープンする

scc4を叩く。
対象のクライアントをダブルクリック。

クライアントクローズ時は、基本的に以下のように設定されている。

【クライアント依存オブジェクトの変更と移送】
変更禁止
【クライアント非依存オブジェクト変更】
リポジトリ/クライアント非依存Customizing Objへの変更なし

以下のように設定を変更する。

【クライアント依存オブジェクトの変更と移送】
自動記録のない変更
【クライアント非依存オブジェクト変更】
リポジトリ/クライアント非依存カスタマイジングへの変更許可

クライアントオープンが完了。適宜アプリチーム等に完了連絡をする。

Tr-cd:SE06からクライアントのオープンを確認

念のため、クライアントに変更が加えられるようになっているか確認しましょう。

se06を叩く。
デフォルト画面のまま「システム変更オプション」をクリック。

グルーバル設定が「修正可能」となっていればOK。

クライアントは忘れずにクローズする

電子メール, アラート, レポート, ドキュメント, 手, アラーム

用が済んだら、忘れないうちにクライアントはクローズしておきます。なぜなら、不用意に何らかの変更が加えられてしまう可能性があるからです。

オープン状態。

クローズ状態。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-89.png

以上。

\\SAP BASISを勉強するなら//

SAP basisについて体系的にまとめられたベストセラー本。

500ページ超えとボリューム満点の本書は、basisを担当するのであれば抑えておきたいポイントが網羅されており、勉強にはもちろん何かあった時の辞書としても活用することが可能です。

言語は英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもおすすめです。(電子書籍であれば翻訳ツールを使いながら読めます)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です