【SAP】Tr-cd:SE38からレポートプログラムを作成する方法【ABAP】

SE38からレポートプログラムを作成する方法について説明します。

今回は、「これはテスト用のレポートプログラムです。」と表示する非常に簡単なレポートプログラムを作成します。

細かい技術的な話は一旦置いといて、まずはレポートプログラム作成の大きな流れを理解することに努めましょう。

レポートプログラムを作成する方法

Interface, Internet, Program, Browser

SE38を叩く。

作成するプログラム名を入力し「登録」を押下。

YY_TEST

下記を入力して保存。

表題:テストプログラム
タイプ:実行可能プログラム
ステータス:テストプログラム

パッケージを割り当てて保存。

コーディングを実施後、「プログラムをチェック」ボタンを押下。
構文エラーが出てないことを確認。

「オブジェクト有効化」ボタンを押下して保存。

実行してみる。

「これはテスト用のレポートプログラムです。」と表示されることを確認。

以上。

\\SAP ABAPを勉強するなら//

ABAPを勉強するなら「SAP ABAPプログラミング入門」がおすすめです。

ABAPの文法はもちろん、テーブルやトランザクションコードの作成方法やプログラムのデバック方法、周辺ツールの使い方など必要な要素がこの一冊に網羅されています。

これからABAPを学習しようと考えている方は、手元に置いておくと必ず役に立つと思います。ぜひ、手にとってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です