【SAP】Tr-cd:SCMPから対象テーブル/ビューの内容が一致するか確認する方法

今回は、SCMPからシステム間、もしくはクライアント間でテーブル/ビューの内容が一致するか確認する方法について説明します。

移送をした後に、アプリチームが移送元のシステム(クライアント)と移送先のシステム(クライアント)間でテーブル/ビューの内容が同じであるか確認する作業はよく実施するので、この機会に覚えておきましょう。

Tr-cd:SCMPからシステム(クライアント)間でテーブル/ビューを比較する

Robotic, Robot, Machine, System

SCMPを叩く。
転送先のビュー/テーブル名とRFC宛先を入力。「差分のみ表示」にチェックをつけたら比較を実行。

すると、転送先へのログインが求められるので、ユーザとパスワードを指定してログインする。

ビュー/テーブルの内容が一致する場合は「ビュー/テーブルの内容が同一です」と表示される。一方で、一致しない場合は差分の比較結果が表示される。

もしテーブル/ビューの内容が移送元と移送先で一致しない場合は、うまく移送ができていない可能性があるので要確認。

以上が手順になります。

【参考記事】

▼RFC宛先の設定・確認方法

【SAP】Tr-cd:STMSから移送(インポート)履歴を確認する方法について解説 【basis】

▼インポート履歴の確認方法

【SAP】Tr-cd “SM59″からRFC接続(ABAP接続)を設定する方法【basis】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です