【SAP】Tr-cd:SE11(ABAPディクショナリ)からドメインとデータエレメントを作成する方法【ABAP】

今回は、se11からドメインとデータエレメントを作成する方法について説明します。

ドメイン / データエレメントとは

ネットワーク, 通信, 技術, インターネット, ビジネス, 社会, メディア

ドメイン

ドメインとは、データ型と項目長といった技術的属性を定義するオブジェクトのことです。

データ型や項目長といった形式に関する属性やドメイン値や値テーブルを指定することにより、定義された項目の値の範囲を記述します。

データエレメント

データエレメントとは、テーブル項目の内容説明といった意味的属性を定義するオブジェクトです。

特定のビジネスに依存する項目の設定について、ドメインの目的を明確にするような役割を果たします。そのため、データエレメントはドメインが存在していることが前提となります。

ドメインとデータエレメントの関係

上記画像が、メインとデータエレメントの関係を表したものになります。

ドメインで技術的属性(データ型や項目長)を定義し、データエレメントではドメインに意味的属性(内容説明)を付与していることがわかります。

つまり、データエレメントは、ドメインを基にして作成されます。

さらに、作成されたデータエレメントはテーブル項目として設定されます。

ドメイン / データエレメントの作成方法

男, ビジネス, 漫画, 実業家, ビジネスの男性, 漫画男, 漫画の人々, 人

ドメインの作成方法

se11を叩く。
作成したいドメイン名を入力し登録ボタンを押下。

必要項目を入力したら有効化ボタンを押下。

必要項目を入力したらローカルオブジェクトボタンを押下して保存する。

データエレメントの作成方法

se11を叩く。
作成したいデータエレメント名を入力し登録ボタンを押下。

データエレメントを選択して続行。

必要項目を入力したら有効化ボタンを押下。
*今回、ドメインはBUKRSを選択している

必要項目を入力したらローカルオブジェクトボタンを押下して保存する。

以上。

\\SAP ABAPを勉強するなら//

ABAPを勉強するなら「SAP ABAPプログラミング入門」がおすすめです。

ABAPの文法はもちろん、テーブルやトランザクションコードの作成方法やプログラムのデバック方法、周辺ツールの使い方など必要な要素がこの一冊に網羅されています。

これからABAPを学習しようと考えている方は、手元に置いておくと必ず役に立つと思います。ぜひ、手にとってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です