【SAP】エラー発生時のデバッグ(DEBUG)方法について解説【ABAP】

今回は、プログラム実行時にエラーが発生した時の、デバッグ方法について説明します。

デバッグでエラーの原因を特定する、といった作業は必ず実施する機会があると思いますので、この機会に習得しておきましょう。

デバッグ(DEBUG)とは

間違い, 404 エラー, コンピュータ, ウェブサイト, アラート, Web

デバッグとは、ABAPで記述したプログラムを1行ずつ実行しながら動作を確認する作業のことです。

プログラムが想定通り動かない場合やエラーが発生した場合などに、原因を特定するための手段として用います。

デバッグでは、プログラムを1ステップずつ実行しながら、その時の変数の値・構造/内部テーブルに格納されているレコードを確認する、といった流れが基本的なやり方となります。

デバッグ(DEBUG)の方法

ハッカー, コンピュータ, プログラミング, ハッキング, 青, ラップトップ

プログラムの実行画面で「/h」を入力し、プログラムを実行。

すると、デバッガが起動する。

セッションブレーポイントを設定する。
※今回は、エラーメッセージからエラー原因と特定することとします

プログラムをストップさせるポイントのこと。設定した行の処理に入る直前でプログラムがストップする。

ブレークポイント > ブレークポイント登録

「MESSAGE」と入力して続行。

ブレークポイントが設定される。

続いて、デバッグを進めていきます。
デバッグを進めるにあたって、下記4つのキーを覚えておきましょう。

※基本的に、ブレークポイントを設置した場合はF8で実行することが多いです

そして、デバッグを進めていきながら、変数の値・構造/内部テーブルに格納されているレコードを確認します。

ソースコード上の変数をクリックすると、その時点で変数に格納されている値を確認することができます。ソースコードのロジックと照らし合わせながら、適切な値が入っているか見ていきましょう。

【おまけ】Tr-cdST22からショートダンプを確認する

Tr-cd:ST22からエラーが発生したプログラムを確認することができます。

エラー原因を特定する助けになるので、こちらも合わせて見ておくといいかと思います。

以上。


\\SAP ABAPを勉強するなら//

ABAPを勉強するなら「SAP ABAPプログラミング入門」がおすすめです。

ABAPの文法はもちろん、テーブルやトランザクションコードの作成方法やプログラムのデバック方法、周辺ツールの使い方など必要な要素がこの一冊に網羅されています。

これからABAPを学習しようと考えている方は、手元に置いておくと必ず役に立つと思います。ぜひ、手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です