【SAP】ABAPのイベントブロックと命令まとめ【ABAP】

備忘がてらABAPのイベントブロックと命令をまとめておきます。

主要なイベントブロック

バックグラウンド, バック グラウンド, バイナリコード, テーマ, モデル
イベントブロック説明
INITIALIZATION.プログラム起動時のイベント(選択画面が表示される前)。
イベントが発生するのはプログラムを実行してから1度のみ。
AT SLECTION-SCREEN.選択画面イベント。選択画面にてEnterキーを押したタイミングで発生。
START-OF-SELECTION.メイン処理イベント。プログラム実行されたタイミングで発生。
END-OF-SELECTION.終了処理イベント。プログラムのメイン処理イベントが終了するタイミングで発生。
例外処理やログの出力処理などを行う。
TOP-OF-PAGE.新規ページ開始時イベント。ページのヘッダ情報を付与する。
END-OF-PAGE.ページ終了時イベント。ページのフッタ情報を付与する。
※一覧画面が複数ページにまたがらない場合は発生しないイベント

主要な命令

コード, プログラム, ソース, コンピューター, Pc, プログラム
カテゴリ命令説明
PGM開始REPORTレポートの定義
関数定義FORMサブルーチンの定義
関数定義PERFORM サブルーチンの呼び出し
共通ルーチン取込INCLUDE共通ルーチンの取り込み
出力WRITE一覧への出力
出力ULINE下線の出力
出力SKIP空白行の出力
出力NEW-LINE改行
出力FORMAT出力書式の設定
データオブジェクト定義DATA変数の定義
データオブジェクト定義TYPES変数型の定義
選択画面定義PARAMETERS選択画面の入力パラメータ定義(単一値)
選択画面定義SELECT-OPTIONS選択画面の入力パラメータ定義(複数値および範囲値)
選択画面定義SELECTION-SCREEN選択画面のレイアウティング等
データベースアクセスSELECTデータベースから情報取得
条件分岐IF条件分岐
条件分岐CASE条件分岐
条件分岐CHECK条件分岐
メッセージ出力MESSAGEメッセージの出力
内部テーブル処理SORT内部テーブルをソート
内部テーブル処理LOOP内部テーブルのデータ処理
内部テーブル処理READ TABLE内部テーブル レコード読込
内部テーブル処理APPEND内部テーブルへの行追加
変数初期化REFRESH内部テーブルの初期化
変数初期化CLEAR変数や構造変数の初期化
画面遷移LEAVE LIST-PROCESSINGレポートイベントの終了

\\SAP ABAPを勉強するなら//

ABAPを勉強するなら「SAP ABAPプログラミング入門」がおすすめです。

ABAPの文法はもちろん、テーブルやトランザクションコードの作成方法やプログラムのデバック方法、周辺ツールの使い方など必要な要素がこの一冊に網羅されています。

これからABAPを学習しようと考えている方は、手元に置いておくと必ず役に立つと思います。ぜひ、手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です