【SAP】Tr-cd:STVARVからバリアント変数の値を変更する方法【ABAP】

今回は、Tr-cd:STVARVからバリアント変数の値を変更する方法について説明します。

バリアント、バリアント変数の概念はSAPに携わるのであれば確実に抑えておきたいところです。

本記事の構成は以下の通りです。

  • バリアントとは
  • バリアント変数とは
  • Tr-cd:STVARVからバリアント変数を変更
  • TVARVCテーブルからバリアント変数を確認

バリアントとは

バリアントとは、プログラムに対して入力値のセット一式を用意した箱のことです。

入力項目が多いプログラムにわざわざ1つずつ値を入力するのは面倒なので、バリアントを用意して手間を省く、といったことが行われます。

バリアント変数とは

バリアント変数とは、バリアントが参照する変数のことです。

バリアントには複数存在する項目も多数ありますが、それを1つずつ手で修正するのには手間がかかります。しかし、バリアント変数を使用するとバリアント変数の値を1つ書き換えるのみで修正が済むので、容易に変更作業を実施することができます。

※複数のバリアントが1つのバリアント変数を参照することが可能

Tr-cd:STVARVからバリアント変数を変更

クラウド, 技術, サービス, データベース, セキュリティで保護されました

STVARVを叩き、変更モードに切り替える。

任意のパラメータを選択した状態で変更ボタンを押下。

パラメータを変更したら保存を押下する。

TVARVCテーブルからバリアント変数を確認

眼鏡, ノート, 携帯電話, マウス, テーブル, ミニマリズム, グレー

TVARVCテーブルには、バリアント変数の値が格納されています。
※バリアント変数はクライアント毎に値を保持している

SE16Nを叩き、テーブル名TVARVCを入力して実行。

テーブルに格納されたバリアント変数を確認することができる。

以上。


\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です