【SAP】Tr-cd:SE38からABAPプログラムを実行する方法を解説

今回は、SE38からABAPプログラムを実行する方法について説明します。

Tr-cd : SE38とは

SE38を叩くとABAPエディタの画面が表示されます。

名前の通り、ABAPのプログラム照会・変更や実行をすることができるトランザクションコードです。

例えば、プログラムのソースコードを照会したい場合は下記の手順を踏みます。

  1. プログラム名を入力
  2. サブオブジェクト:ソースコードを選択
  3. 照会ボタンをクリック

続いて、今回のメインテーマであるABAPプログラム実行の手順について見ていきましょう。

Tr-cd : SE38からABAPプログラムを実行する

コード, プログラム, ソース, コンピューター, Pc, プログラム

ABAPプログラムを実行する方法について以下で説明していきます。

今回は、例として「INITXBP2」というプログラムを実行します。

【SAP】GUIから親/子機能を有効化して親/子ジョブの終了監視ができるようにする方法

プログラム名を入力して実行。
*虫メガネをクリックすると使用可能なプログラムを検索することが可能

下記の画面で実行ボタンをクリックするとプログラムが実行される。

バックグラウンドでジョブを実行したい場合は、プログラムタブ > バックグラウンドで実行をクリック。

印刷パラメータを指定して続行。(基本デフォルトで問題ない)

開始時刻を任意で指定。

今回は即時で実行する。即時 > チェック > 保存をクリック。

バックグラウンドでジョブがスケジュールされた。

SM37からジョブが正常に終了したことを確認する。条件を指定して実行。

INITXBP2が正常に終了したことが確認できた。

手順は以上となります。

他のABAPプログラムについても実行の要領は基本的に変わらないので、ぜひ試しに何か実行してみるといいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です