【SAP】デバック時に呼出先の汎用モジュールで処理を止める方法【Tips】

今回は、デバック時にプログラム呼出先の汎用モジュールで処理を止める方法について説明します。

特にテストフェーズに携わっている方には役立つtipsですので、この機会に習得しておくといいと思います。

手順説明

ラップトップ, ワークスペース, フラットなデザイン, 端子板, スマートフォン

Tr-cd:SE37を叩く。対象の汎用モジュールを入力し、照会ボタンを押下。

ソースコードを参照し、処理を止めたい部分で外部ブレークポイントを設定。

続いてTr-cd:SE38を叩く。対象のプログラムを入力し、処理を実行。

するとデバッガが起動し、汎用モジュールの外部ブレークポイントを設定した箇所で処理が止まる。

以上となります。

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です