【SAP】Tr-cd:SE80からプログラムに紐付くオブジェクトを確認する方法【Tips】

今回は、SE80からプログラムに紐付くオブジェクトを確認する方法について説明します。

Tr-cd:SE80(オブジェクトナビゲータ)とは

質問, マーク, 答え, 解決, サイン, 手, ヘルプ, 想像力, インスピレーション, 問題, 考え

SE80はプログラム開発に必要な要素をすべて兼ね備えたトランザクションコードです。

SE38よりもプログラムの部品を1つ1つ細かく確認することが可能であるため、ある程度慣れていればSE80から開発する人が多いかもしれません。

また、プログラムに紐付く部品を確認することができるため、アプリ・基盤問わずに覚えておいても損はないトランザクションコードだと思います。

Tr-cd:SE80からプログラムに紐付く情報を確認する

リポジトリブラウザ > プログラムを選択し、プログラム名を赤枠のボックスに入力。すると、プログラムに紐付いた情報がオブジェクト名タブ以下に一覧で表示される。

例えば「トランザクション」項目からはプログラムに割り当てられたすべてのトランザクションコードを確認することができる。

ちなみに、プログラム以外にも、パッケージや汎用モジュールに紐付いた情報を見ることも可能です。

以上。

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です