【SAP】HANA DBをメモリの観点からモニタリングする【basis】

今回は、SAP HANAをメモリの観点からモニタリングする方法について書きます。

必ずと言っていいほどモニタリング項目の1つに挙げられると思うので、一緒にこの機会に覚えていきましょう。

先に言っておくと、チェックする項目は「Database Allocation Limit」と「Database Used Memory」の2つです。これを念頭に置いて読み進めてみてください。

Database Allocation LimitとDatabase Used Memoryの関係を理解する

メモリの観点からモニタリングするにあたり、まずはDatabase Allocation LimitとDatabase Used Memoryの関係を理解しておく必要があります。

Database Allocation Limitとは、物理メモリからHANAに割り当てられたメモリ領域のことです。つまるところ、HANAが使用することができる最大限度のメモリ量ですね。

【Description】
Memory allocation limit for all processes of HANA instance

一方で、Database Used Memoryとは実際に使用されているメモリ量のことを指します。

【Description】
Memory used for all HANA processes

ざっくり図で表すと以下の通りです。

画像1

Database Allocation LimitとDatabase Used Memoryのデータを取得する

トランザクションコード「db02」よりデータの取得が可能です。

パフォーマンス > ロード履歴より以下画面へ。赤枠の項目が該当箇所です。チェックを付けてぱぱっとExcel形式で取得しておきましょう。

画像2

Database Allocation LimitとDatabase Used Memoryの関係で見るべき観点

結論、見るべき観点は「Database Allocation Limit対してメモリを使いすぎていないかです。

割り当てられたメモリ領域に対して、メモリ使用量が多ければ「メモリが日逼迫している」と言えます。一方でメモリ使用量が少なければ「メモリに余裕がある(=問題なし)」と言えます。

例として、サンプルのレポートを以下に示します。

画像3

上記のレポートでは、Database Allocation Limitが900GBであるのに対して、Database Used Memoryは約650GBで推移しています。この場合、メモリに約250GBの余裕があるので、メモリの観点からは特に問題がない、と言うことができるでしょう。

仮に、メモリに余裕がない場合は、メモリ割り当て領域を拡張するか、もしくはメモリに負荷がかからないような対策を講じるか、といった選択肢が出てくるのかなと思います。

【参考】Database Allocation Limit(割り当てメモリ領域)を変更する方法

SAPのこのアーティクルっぽいです▼

https://apps.support.sap.com/sap/support/knowledge/en/2175606

HANA StudioからTenant DBにログインしてLandscape > Services > Allocation Limit(MB)から変更できるみたいですね。(間違ってたらすみません)

以上。

【おすすめ書籍】

basisについて体系的に学びたい方にはこちらがおすすめです。英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもいいと思います(そもそも日本語のドキュメントが少ない)。kindle版だと日本語に翻訳しながら見れるので、僕は電子書籍の方を購入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です