【SAP】Tr-cd:SE16Nから項目ごとに金額の総額を簡単に集計する方法【Tips】

SAP初心者・中級者にはコレ!

SAPコンサルタントとして長年にわたり複数のPJに携わってきたプロによる一冊。

 

本書では宅配ピザ屋を例に、会社の業務とそれに紐づく各SAPモジュールの説明が丁寧にされており、この一冊で体系的に業務とSAPの基礎知識を身に付けることが可能です。

 

これからSAPの業務に携わる人や、改めてSAPの全体観を把握したい人など、初心者~中級者まで自信を持っておすすめします。

今回は、Tr-cd:SE16Nから項目ごとに金額の総額を簡単に集計する方法について説明します。

この方法を習得すると、わざわざテーブルデータをダウンロードせずとも、簡単な集計・分析であれば一瞬で済ませることが可能です。

ぜひ、この機会に習得していただけたらと思います。

★以下、記事で実施すること★
テーブル「BSEG(会計伝票明細)」から項目「転記キー」ごとの「国内通貨額」の総額を取得する。

○使用テーブル
 BSEG(会計伝票明細)
○使用項目
 転記キー
 国内通貨額

STEP①:国内通貨額の総額を「合計」ボタンより算出

Tr-cd:SE16Nより、BSEGテーブルデータを参照。

「国内通貨額」の列を選択した状態で「合計」ボタンを押下すると、国内通貨額の総額が算出される。

STEP②:転記キーごとの国内通貨額の総額を「ドリルダウン合計レベル」ボタンより算出

「転記キー」の列を選択した状態で「小計」> 「ドリルダウン合計レベル」ボタンを押下すると、転記キーごとの国内通貨額の総額が算出される。

以上となります。

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です