【SAP】固定資産の各取引について解説|圧縮と減損も【FI-AA】

今回は、固定資産の各取引について、仕訳の発生も仕方まで合わせて説明します。

固定資産特有の取引である、圧縮と減損についても本記事で扱いますので、固定資産に関するひと通りの取引が理解できるかと思います。

固定資産の基本的な取引

高層ビル, 建物, 高, 都市, 構造, 市, アーキテクチャ, 都市計画

①:取得

固定資産を取得すること。取得の方法としては主に下記の3パターンがある。
・固定資産を購入する
・工事によって資産を作る
・他者から資産を貰う

固定資産を購入する

固定資産Aを現金にて10万円で購入した。

借方貸方
固定資産A現金
100,000100,000

他者から資産を貰う

10万円の価値がある固定資産Aを受贈により取得した。

借方貸方
固定資産A固定資産受贈益
100,000100,000

②:除却

事業の用に供しなくなった固定資産を帳簿から除くこと。

固定資産Aを除却した。(取得価額:10万円、減価償却累計額:7万円)

借方貸方
減価償却累計額固定資産A
70,000100,000
固定資産除却損
30,000

③:売却

所有する固定資産を売却すること。

固定資産Aを5万円で売却し現金を受け取った。(取得価額:10万円、減価償却累計額:7万円)

借方貸方
減価償却累計額固定資産A
70,000100,000
現金固定資産売却益
50,00020,000

④:移動

固定資産の所在が変更になった場合に、振替を行って所在を変更すること。

固定資産Aを移動した。(取得価額:10万円、減価償却累計額:7万円)

借方貸方
固定資産A(振替先)固定資産A(振替元)
100,000100,000
減価償却累計額(振替元)減価償却累計額(振替先)
70,00070,000

圧縮取引

お金, 現金, コイン, ドル, Usd, ゴールド, ファイナンス, 通貨

国などから補助金をもらって、機械や設備などの固定資産を購入したとき、利益の一部または全部の損金参入を認める法人税法上の制度のこと。

補助金には主に下記のパターンがある。 

  • 国庫補助金
  • 工事負担金
  • 保険差益

また、会計処理は直接減額方式と利益処分方式の2パターンが存在します。 

直接減額方式

直接減額方式の仕訳は下記の通り。

※減価償却費の計算
圧縮後の固定資産(1,000,000) / 耐用年数(5年) = 200,000

会計処理借方貸方
国庫補助金の受け取り現金国庫補助金収入
1,000,0001,000,000
固定資産の取得固定資産A現金
2,000,0002,000,000
圧縮固定資産圧縮損固定資産A
1,000,0001,000,000
減価償却費計上減価償却費固定資産A
200,000200,000

利益処分方式

利益処分方式の仕訳は下記の通り。

圧縮限度額が200,000なので、減価償却計算により損金として認められない金額(400,000-200,000 = 200,000)を圧縮積立金から取り崩す。

会計処理借方貸方
圧縮積立金の計上繰越利益剰余金圧縮積立金
1,000,0001,000,000
減価償却費計上減価償却費固定資産A
400,000400,000
圧縮積立金の取り崩し圧縮積立金繰越利益剰余金
200,000200,000

減損取引

トラップ, お金, 餌, 誘惑, ハンター, 破損, リスク, トラブル, ドル

資産の価値を過大に表示したまま将来に損失を繰延べないために、資産の収益性が予想より低下した場合に、資産の回収可能額まで帳簿価額を引き下げること。

減損処理の流れは下記の通りです。

  • 減損兆候の認識
  • 減損認定の判定
  • 減損損失の測定
  • 減損処理

また、会計処理は直接控除方式と間接控除方式の2パターンが存在します。

直接控除方式

直接控除方式の仕訳は下記の通り。

借方貸方
減損損失固定資産A
100,000100,000

間接控除方式

間接控除方式の仕訳は下記の通り。

借方貸方
減損損失減損損失累計額
100,000100,000

\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについてかなり体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です