【SAP】エラーMsg「AC199」が表示された時の解決方法【FI-AA】

今回は、エラーMsg「AC199」が表示された時の解決方法をメモとして残しておきます。

Tr-cd:AS91、AS92を使用する際に出るメッセージみたいです。同様のエラーが出た方はぜひ参考にしてみてください。

エラーMsg「AC199」の内容

決算済会計年度と旧資産データの取込日とが一致しません
Msg 番号 AC199

診断
決算会計年度20xxが旧資産取込日 20xx/○○/○○ と一致しません。
会計年度の途中で取込を実行したい場合、旧データ移行の日付は、決算会計年度の次の年度内でなければなりません。
例 : 取込日 93 年 7 月 1 日、決算会計年度 1992。
その他の場合、移行日付は最終決算会計年度の最終日でなければなりません。
例 : 取込日 93 年 12 月 31 日、決算会計年度 1993。

手順
入力を修正してください。

エラーの解決方法は2パターン

アイデア, 創造性, 技術革新, 手, インスピレーション, 白熱, 実業家

解決方法としては、下記の2パターンがあります。

①:会計年度の途中で取込を実行したい場合
旧データ移行の日付を、決算会計年度の次の年度内にする

②:その他の場合
移行日付を、最終決算会計年度の最終日にする

今回は、②のパターンの解決方法で説明します。(移行日付が異なるだけで両パターンの設定方法は同じです)

エラーの解決手順

Tr-cd:SPROを叩き、IMG照会の画面に移動。

IMG>財務会計(新規)>固定資産管理>資産データ移行>データ移行のパラメータ>日付指定>定義:移行日付/前回クローズ済会計年度。

仮に決算会計年度が「2019」年の場合、取込日を「2019/12/31」(決算会計年度の最終日)に設定する。

以上でAS91、AS92の機能が使用できるようになりました。ご参考までに。


\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについて体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です