【SAP】勘定科目表~勘定科目を設定する一連の流れをデモ解説【FI】

今回は、通貨と換算レートを設定する一連の流れについて下記の流れで説明します。

  1. 勘定コード一覧表の作成
  2. 勘定グループの定義
  3. 損益繰り越し勘定の定義
  4. 勘定コード一覧表を会社コードへ割り当て
  5. 勘定科目の作成

勘定コード一覧表の作成(Tr-cd:OB13)

OB13を叩き、新規エントリを押下。

下記の内容で保存を押下。

勘定グループの定義(Tr-cd:OBD4)

OBD4を叩き、新規エントリを押下。

先程作成した勘定Code表に紐づける形で、下記のように勘定グループを定義。

損益繰り越し勘定の定義(Tr-cd:OB53)

OB53を叩くと下記のポップアップが出力される。先ほど作成したTESTを入力して続行。

下記の画面に遷移する。

下記を入力して保存。
*「勘定コードが存在しません」と出るが、後で作成するので一旦無視して進める

損益計算書勘定タイプ:x(SAP標準で用意されている)
勘定:繰越残高用の勘定コード(任意)

勘定コード一覧表を会社コードへ割り当て(Tr:cd:OBY6)

OBY6を叩く。

会社コード:TE01に対して、下記を入力して保存。

勘定コード表:TEST
項目ステータス Var.:0001(SAP標準)

勘定科目の作成(Tr:cd:FS00)

FS00を叩く。

各タブに設定を入力していく。

タイプ/テキスト

管理データ

登録 / 銀行 / 金利

設定を入力したら保存を押下。情報(勘定コード表)タブを見ると、勘定コードが登録されたことが確認できる。

以上。


\\SAPの全体像を理解するなら//

SAPについてかなり体系的にまとめられている一冊。著者はSAPコンサルタントの方々なので、信頼性は間違いなし。SAPの概要やメリット・デメリットはもちろん、各モジュールについても詳細に説明がなされています。

さらに、SAP導入・構築のフローからアドオン開発まで、技術的な部分もしっかりと網羅してくれています。SAPコンサルタントは、基本的にはどこかのモジュールを担当すると思うので、一読しておいて絶対に損はないでしょう。

SAPというERPパッケージの全体像を知りたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です