【JP1】R/3(SAP)ジョブを定義する方法について解説

今回は、JP1でR/3ジョブを定義する方法について説明します。

JP1を使ってジョブを実装する方やJP1運用者の方は抑えておきたい内容です。

R/3(SAP)ジョブとは

R/3ジョブとは、その名の通りSAP上で実行されるジョブのことです。

JP1ではSAPのジョブを管理することが可能となっており、SAP系のプロジェクトではJP1でジョブを管理していることが多いです。

R/3(SAP)ジョブを定義する方法

ここからは、R/3システム用のカスタムジョブが登録されている前提で話を進めていきます。

  1. JP1/AJS3 – Managerにログインする
  2. R/3ジョブを定義するジョブネットを開く
  3. 排他編集にチェックを入れる
  4. カスタムジョブタブからR/3ジョブアイコンを選択、マップエリアへドラッグ&ドロップする
  5. 詳細定義画面が表示されるので、必要項目を入力したら詳細情報の設定 > 詳細を押下する
  6. R/3ジョブ定義画面が表示されたら、必要事項を入力してOKを押下する
    *必要であればジョブステップを追加する
  7. R/3ジョブが定義される

【参考】R/3ジョブ定義 > R/3システム

【参考】R/3ジョブ定義 > ジョブの定義

【参考】ジョブステップ追加画面

【引用元】
R/3ジョブを新規に登録する
http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3021/30213D3300/EAP0067.HTM

以上になります。


\\JP1ジョブについて勉強するなら//

JP1のジョブについて学びたい方は、伊藤忠テクノソリューションズが出している上記の書籍がおすすめです。

本書は、ジョブ管理の基本的な知識を図をふんだんに用いて分かりやすく解説しており、初心者が全体感を理解するには十分な内容となっています。

JP1の運用担当者や現場担当者など、システム運用に携わる方であれば絶対に目を通しておきたい一冊です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です