【SAP HANA】マルチテナントデータベースコンテナーとは?【SYSTEM DBとTENANT DB】

今回は、HANAのマルチテナントベースコンテナーについての備忘です。

【SAP HANA】マルチテナントデータベースコンテナーとは?

SAP HANAでは、SAP HANA 1.0 SPS09よりマルチデータベースコンテナー(以降MDC)機能がサポートされました。

MDCとは、1つのHANAインスタンス上に複数のデータベースを立てる機能のことです。

例として、MDC活用のメリットを以下に挙げます。

・コストが削減できる
・OSレベルでアクセスコントロールができ
・障害を特定のテナントDBに封じ込めておける

SYSTEM DBとTENANT DBの関係・違い

画像1
画像2

【引用元】
https://blogs.sap.com/2016/12/20/sap-hana-5-mdcjapanese/

■ざっくりSYSTEM DBとは

テナントDB全体管理用のDBであり、実体はNameserverと呼ばれるサーバと、データ・ログボリュームで構成されています。

■ざっくりTENANT DBとは

実際のデータが入っているDBであり、実体はindexserverと呼ばれるサーバーと、データ・ログボリュームで構成されています。

【まとめ】SAP HANAのSYSTEM DBとTENANT DB

おそらく、今後はSYSTEM DBとTENABT DBの両方を運用する方針のプロジェクトが増えてくると予想されます。

より詳細を見たい方は、引用元の記事を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です