【PowerShell】iniファイルで定義した環境変数をps1ファイルに読み込んで使用する方法

今回は、ps1ファイルに環境変数を定義したiniファイルを読み込み、ps1ファイルで使用する方法について説明します。

たぶん、方法は色々あると思うので1つ参考までに。

さっそくですが、ざっくりとした流れは以下になります。

①:iniファイルに環境変数を定義する
②:ps1ファイルにiniファイルを読み込む
③:iniファイルに定義した環境変数を取得する

では、上記のステップに沿って説明していきます。

①:iniファイルに環境変数を定義する

まず、iniファイルに環境変数を定義します。
例えば、このサンプルiniファイルでは、「APPLE」という環境変数に「りんご」を代入しています。

画像2

環境変数を定義する際は、以下の2点に注意すればOKです。
・=の間にスペースはいらない
・代入する文字は””で囲わなくていい

②:ps1ファイルにiniファイルを読み込む

続いて、環境変数を定義したiniファイルをps1ファイルに読み込みます。

読み込む方法は色々とあると思いますが、自分は4~6行目の記述で済ませています。(5行目のiniファイル名だけ変えれば転用可能かと)

・4行目
 →Split -pathでiniファイルのパスを取得
・5行目
 →読み込ませたいiniファイル名を入れる
・6行目
 →iniファイルの絶対パスを定義(この後使う)

画像1

【参考】Split-Path

③:iniファイルに定義した環境変数を取得する

最後に、環境変数を取得します。ざっくり流れは2ステップです。

まず、11、12行目において、iniファイルで定義した環境変数を、Get -Contentを使い、配列の形で$PARAMETERという箱に入れていきます。

そして、13~15行目では、$PARAMETERに格納された環境変数を取り出して、それぞれ別の変数として再定義します。

画像1

例えば、13行目で定義したAPPLEという変数の中身を参照すると「りんご」という値が格納されていることを確認できます。

【参考】Get -Content

以上。

【おすすめ書籍】

PowerShellについて体系的に学びたい、参考書として一冊持っておきたい方はこちらがおすすめです。(自分も使ってます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です