【SAP】CFINの連携を停止・再開する方法について解説【basis】

今回は、CFIN連携を停止・再開する方法について説明します。

CFINについて知らない方も多いはずなので、そもそもCFINとは何なのか、といった所から見ていけたらと思います。

CFIN(SAP Central Finance)とは

ウェブ, ネットワーク, デジタル化, 変換, デジタル, バイナリ システム

CFIN(SAP Central Finance)は、企業の各会計システム(SAP/Non-SAP)から会計伝票を明細のレベルで集計し、SAP S/4HANA上で組織全体の財務状況をリアルタイムに把握することができるシステムのことです。

主な機能としては以下が挙げられます。

  • SAP/Non-SAPからリアルタイムでデータを連携(Universal Journalへデータ格納時にはマッピング処理が可能)
  • SLT(SAP Landscape Transformation Replication Server)を利用した各システムからのデータ連携
  • 伝票(FI,CO)やコストオブジェクトデータ(製造指図、内部指図、製造原価コレクタなど)の連携
  • 収益性分析項目の連携
  • MDG(SAP Master Data Governance)を活用したマスタデータマッピング
  • ExitやBAdIを利用したデータ連携処理

【引用元】
https://www.tcs.com/jp-ja/CBO/EAS/Cfin

また、CFINと各会計システム(SAP/Non-SAP)の連携にはSLT(SAP L andscape T ransformation Replication Server)を用いることが多いです。

SLTとは、ざっくり言うとABAP ベースのシステム、non ABAP のデータベース からのリアルタイムデータレプリケーションを行うシステムのことで、リアルタイム性が求められるビジネスでの利用が想定されています。

CFINと各会計システムの連携イメージが下記です。
SLTを介してCFINと各会計システムが連携されています。

【引用元】
https://support.sap.com/ja/alm/sap-focused-run/expert-portal/integration-cloud-monitoring/CFin.html

CFIN連携を停止・再開する方法

再生ボタン, ボタン, 再生, 記号, オーディオ, アイコンを, 再生ボタン

まず、GUIからSLTにログイン。

LTRCを叩く。
一括転送IDを指定して実行をクリック。

データプロビジョニングをクリック。

任意のテーブルを指定して、ロード/レプリケーション保留を選択し実行。

すると、Current Actionの列のステータスがレプリケーションから複製(保留)に変化する。複製(保留)となれば、CFIN連携が停止している状態。

逆に、CFIN連携を再開したい時は、任意のテーブルを指定しロード/レプリケーション再開を選択し実行。

Current Actionの列のステータスがレプリケーションとなれば、CFIN連携が再開している状態。

以上。

\\SAP BASISを勉強するなら//

SAP basisについて体系的にまとめられたベストセラー本。

500ページ超えとボリューム満点の本書は、basisを担当するのであれば抑えておきたいポイントが網羅されており、勉強にはもちろん何かあった時の辞書としても活用することが可能です。

言語は英語ですが、SAPのドキュメントは基本的に英語なので慣れの意味でもおすすめです。(電子書籍であれば翻訳ツールを使いながら読めます)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です