【クラウド】GCPからマシンイメージを取得する方法について解説

今回は、GCPからマシンイメージを取得する方法について説明します。

マシンイメージは、バックアップやインスタンスの複製など、様々な用途に使用することができる万能なリソースです。この機会にそもそもマシンイメージとは?というところからしっかりと理解しておくことをおすすめします。

そもそも、マシンイメージとは

Iot, モノのインターネット, ネットワーク, クラウド ・ コンピューティング, クラウド

マシンイメージとは、ざっくり言うとある時点でのVM(仮想マシン)インスタンスをそっくりそのままコピーしたリソースのことです。

マシンイメージには、VMインスタンスを作成するために必要な構成、メタデータ、権限、および 1 つ以上のディスクのデータがすべて保存されます。そのため、インスタンスの作成、バックアップと復元、インスタンスのクローン作成など、さまざまなシステムメンテナンス作業において使用することが可能です。

マシンイメージの具体的な用途については、GCPが公式で出しているページが分かりやすいので、そちらを参照するといいと思います。

【参照】マシンイメージ(GCP公式ページ)
https://cloud.google.com/compute/docs/machine-images/

GCPからマシンイメージを取得する方法

では、ここからはマシンイメージを取得する方法について説明していきます。

まず、GCPにログイン。
Compute Engine > VMインスタンスをクリック。

対象のVMインスタンスを選択してクリック。

下記の画面に遷移するので、「マシンイメージを取得」をクリック。

下記の値を入力(選択)する。

名前:マシンイメージの名前
説明:マシンイメージの説明(どの時点で取得するものか、など)
ソースVMインスタンス:コピー元のVMインスタンス
ロケーション:インスタンスが構築されているリージョンを選択
暗号化:基本的にはデフォルトでOK

入力が完了したら画面一番下の「CREATE」をクリック。

Compute Engine > マシンイメージより対象のマシンイメージが作成されたことを確認する。

以上。

\\\GCPを勉強するなら///

GCPを勉強するのであれば、以下3つの理由からから「GCPの教科書」がおすすめ。

  • GCPの主要なサービスを網羅している
  • 360ページと十分なボリュームだが、内容がコンパクトにまとめられている
  • 著者は複数のGCPの認定資格を所持しており信頼性抜群

GCPをこれから勉強しよう、GCPの認定資格を取ろうと考えている方はぜひ手に取ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です