【SAP】クラスタ構成のHANA DBをTeraTermから停止・起動する方法【basis】

今回は、クラスタ構成のHANAの停止、起動方法がテーマです。

クラスタ構成の場合、順番を間違えるとフェイルオーバー(主系と待機系が入れ替わること)を起こしてしまう可能性があり、フェイルオーバーが起きた場合は少々手間のかかる作業が必要になります。

そのため、HANAの停止と起動には細心の注意を払うようにしましょう。

では、具体的な方法についてこれから説明していきます。

HANAを停止するまでの手順

一時停止ボタン, 一時停止アイコン, アイコンを

<前提>
DB#1を主系、DB#2を待機系とする

HANAのステータスを確認する

TeraTermより各DBにログイン。

まず、クラスタの状態を確認。
DB#1がMaster(主系)、DB#2がSlaves(待機系)となっている。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2rootcrm_mon

次に、HANAが起動しているかどうか確認する。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admHDB info

次に、HANAのステータスを確認する。
ステータスがGreenになっていればOK。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admsapcontrol -nr 00 -function GetProcessList

最後に、HANAのレプリケーション状態を確認する。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admhdbnsutil -sr_state

HANAのフェイルオーバーを抑制する

マスター・スレーブリソースをunmanageにする。

DBユーザコマンド
DB#1rootcrm resource unmanage msl_SAPHana_<SID>_HDB00

DB#2をメンテナンスモードにする。

DBユーザコマンド
DB#2rootcrm node maintenance <DB#2のホスト名>

DB#1をメンテナンスモードにする。

DBユーザコマンド
DB#1rootcrm node maintenance <DB#1のホスト名>

HANAを停止する

まず、待機系のDB#2から停止する。

DBユーザコマンド
DB#2<SID>admHDB stop

次に、主系のDB#1を停止する。

DBユーザコマンド
DB#1<SID>admHDB stop

以上でHANAの停止は完了。

HANAが停止した状態なので、メンテナンス等を実施することが可能。
*OSを停止しても問題ない

HANAを起動するまでの手順

ロケット, ロケット打ち上げ, 起動, スペース, 宇宙船, スペースシャトル

HANAを起動する

*OSを停止している場合、まずはOSを起動すること

まず、DB#1を起動する。

DBユーザコマンド
DB#1<SID>admHDB start

次に、DB#2を起動する。

DBユーザコマンド
DB#2<SID>admHDB start

クラスタ設定を元に戻す

DB#1のメンテナンスモードを解除し、クラスタの管理下に戻す。

DBユーザコマンド
DB#1rootcrm node ready <DB#1のホスト名>

DB#2のメンテナンスモードを解除し、クラスタの管理下に戻す。

DBユーザコマンド
DB#2rootcrm node ready <DB#2のホスト名>

クラスタにHANAの状態を検索させるようにクリーンアップを行う。

DBユーザコマンド
DB#1rootcrm resource cleanup msl_SAPHana_<SID>_HDB00

クラスタにHANAのリソースを管理するように設定する。

DBユーザコマンド
DB#1rootcrm resource manage msl_SAPHana_<SID>_HDB00

HANAのステータスを確認する

クラスタの状態を確認。
DB#1がMaster(主系)、DB#2がSlaves(待機系)となっている。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2rootcrm_mon

次に、HANAが起動しているかどうか確認する。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admHDB info

次に、HANAのステータスを確認する。
ステータスがGreenになっていればOK。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admsapcontrol -nr 00 -function GetProcessList

最後に、HANAのレプリケーション状態を確認する。

DBユーザコマンド
DB#1、DB#2<SID>admhdbnsutil -sr_state

以上。

\\\SAP HANAを勉強するなら///

HANAについて体系的に学びたい方は、IBMが出している書籍がおすすめ。413ページとかなり読み応えのある一冊ですが、知識の深さを求めるならコレです。

現在、SAPではOracleやSQLserverを選べなくなり、DBはHANAに一本化されているので、HANAを学んでおくと今後かなりプラスに働くと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です