【SAP】HANAで発生したアラート(警告)履歴をHANA Studioから確認する方法

今回は、SAP HANAで発生したアラートを確認する方法について説明します。

SAP HANAアラートとは

サイバーセキュリティ, インター ネット セキュリティ, コンピューターのセキュリティ, サイバー犯罪

HANA アラートとは、その名の通りHANAで何らかの問題が発生した時にシステムの方から通知される警告のことです。

アラートは以下の項目から構成されます。

[優先度]
アラートの優先度
[警告 ID]
システムに定義されたアラートのID
[警告名]
警告IDに紐づいたアラートの名前
[内容説明]
警告の具体的な内容
[ユーザアクション]
ユーザが取るべき対処法を記載

基本的には、優先度を見て対応すべきかどうか、ユーザアクションを見てどのように対応すればいいのか、といった流れで確認してあげるとスムーズなのではないかと思います。

HANA Studioからアラートの履歴の確認する方法

監査, レポート, 検証, 拡大鏡, 監査人, 金融, コンセプト, ビジネス, 税, 紙, ファイル

HANA Studioから対象のDBにログインし、タブよりAlertsをクリック。

すると現在のアラートのみが表示される。(以下画像ではアラートなし)

全てのアラートを確認したい場合は「All Alerts」を選択。

過去のアラート履歴を確認可能。

また、アラート名でフィルターをかけて検索することも可能です。

おまけ:SAP GUIからアラート履歴を確認する方法

GUIにログイン > DB02 > 警告 をクリック。

アラートが表示される。各アラートをクリックすると詳細を確認することが可能。

以上。

\\\SAP HANAを勉強するなら///

HANAについて体系的に学びたい方は、IBMが出している書籍がおすすめ。413ページとかなり読み応えのある一冊ですが、知識の深さを求めるならコレです。

現在、SAPではOracleやSQLserverを選べなくなり、DBはHANAに一本化されているので、HANAを学んでおくと今後かなりプラスに働くと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です